「石田レポート 年収1億!稼ぎの構造」、「毎日1分!英字新聞」、発行人 石田 健によるブログ。アカデミアジャパン株式会社代表取締役。2012年よりシンガポール在住。


by maiei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

不連続なるものへ


石田です。こんにちは。
昨日、神崎CCというゴルフ場にカミさんとゴルフ行ってきました。
前半は小雨でしたが、風も強く、レインウエアを着ました。

b0048298_1824859.jpg

11番ショートは2つの池越え

海鮮丼を食べてからの後半は、ほとんど霧雨(きりさめ)状態で、
レインウエアは不要でした。
b0048298_185783.jpg


前の組には男子プロ1名と女子プロ3名でしたが、
めちゃくちゃプレーが早いなと思ったら途中から
パットをやってませんでした(笑)

グリーンに載せて、はい次、みたいな(笑)

さらに前半の9ホールで帰っちゃいました(汗)

おかげで日曜日なのに前も後ろも誰もいない、という
形でプレーできました^^

それにしても昨日気温は20度くらいでしたが、30度以上の
日と比較して疲労度が全然違いました。

真夏の炎天下でフラフラになってやるゴルフも好きなのですが。。



以前「〜したい、と、やるは別世界」と書いたらけっこう
多くの方からコメントをもらったんです。

ちょっとこれについて少しだけつっこんで書きますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【石田レポート】不連続なるものへ
2011.08.22 #583

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無論、人が行動を起こすとは、「◯◯したい」という思いが
前提にあることは確かです。

坂本龍馬だって日本を変えたい、という思いがなければ行動は
起こさなかっただろうし、ある意味、今の日本は全く
別なものになったかと思います。

b0048298_1810548.jpg


僕も起業したいという思いがなければ、今の人生とは全く
違った、最悪な人生を歩んでいたかもしれません。

b0048298_1813430.jpg


しかし、僕が「〜したい、と、やるは別世界」と書くとき、
この「〜」にあたるものは、それをずっとやりたいと思って
いるが行動に移せないようなもの、です。



・・・・



何かがブレーキをかけている。しかしその何かがなんなのか
分からない。。

ただ、それをやればかなり人生が好転するかもしれないこと
を知っている、そんなもの。

実はそれこそがあなたが一番やらなくてはならないこと。。

僕の場合はそれが40日間さぼっていた筋トレ、ジョギング
でした(汗)

もう完璧克服して、ゴルフの日、極度の二日酔い(汗)以外は
毎日走っています。

そこで得た結論が「〜したいと思う、とやるは別世界」なんです。


・・・・


しなければいけないと毎日思ってはいるが、なんだかんだと
先延ばししていることを、実際に実行に移すにはすごく覚悟が
必要です。

どんな覚悟かといえば、隣接した10階建てのビルとビルの
屋上を飛び越えるくらいの覚悟が必要です。

落ちたら死にます。

b0048298_18144399.jpg


あなたがしなくてはいけないのは「飛躍」です。

具体的にいえば「精神的な飛躍」です。

目をつぶってジャンプする、そして飛び越える、です。

b0048298_18172974.jpg


ビルとビルの屋上の間にはハシゴのようなものがかかっている
わけではありません。

のんびりゆっくりと歩いて渡れるのではないのです。


強く念ずれば必ず実現されるとか引き寄せられるとか
眠たいことを言ってる人があいかわらず多いですが、

(まあ、僕も小樽の宿で強く念じた結果、好きな焼酎を
冷蔵庫の中に出現させた経験はありますが!(爆))

人生、そう簡単に奇跡は起きないことを皆さん知っています。



・・・・


思う→やる

この両者、実は<直線>でつながっているわけではありません。

「思う」と「やる」の間には、ハシゴがかけられているわけ
ではありません。

「思う」と「やる」の間にあるのは、ビル10階分くらいの
高さの空虚(あるいは深淵)しかないのです。

つまり、落ちたら「死ぬ」のです。


「思う」と「やる」は不連続です。

まったく次元の違う世界なんです。



・・・・


ある意味「思う」と「やる」の間には東京と
リオデジャネイロくらいの距離があるかもしれません。

実際、5年間ずっとやりたいと思ってましたが、
なんだかんだ理由をつけてやりませんでした、
と、あなたが口にするとき、5年かけて移動しても
たどりつけない遠いところを目的地にしている
ようなものです。

となると東京と火星くらいの距離があるかもしれません。

b0048298_18223639.jpg



・・・・



そこを飛び越えるためにあなたがしなくてはならないのは
精神的な飛躍、あるいは<命がけの飛躍>なんです。

目をつぶって、思いっきりジャンプするしかないわけです。

b0048298_18183642.jpg


となると。。

思う と やる の間にある、あなたが飛び越えなくては
ならないのは、実は「死」なの。

あなたがずっとやらなくては、と思ってやらないのは
「死」が怖いからなのよ。

個体の保存本能が、あなたを行動から阻害しているわけ。

常に行動、行動の人というのは、その死の恐怖をある程度
克服しちゃってるんです。



・・・・


死とは個体における最大の「変化」です。



・・・・



◯◯をしなくてはならない、それをすれば素晴らしい結果
を享受できることは分かっている、しかし、なぜできないのか?
なぜやらないのか?


それは自分が<変化>することを恐れるからですね。

変化することは良いことだ、という一般的な認識が
あるけれど、実は、人間は変化を恐れるイキモノなんです。


オバマが大統領選をたたかったときのスローガンは
「Change」でした。

b0048298_18195444.jpg


しかし一方で人は自分がchangeすることを潜在的に
恐れています。

心のブレーキがかかるとき、そこには必ず、
Change があります。



「思う」と「やる」は不連続です。
つながってないです。

だから何事もチャレンジです。


・・・・


この世界は人々の思いや行動により、構成され、成立
しているというふうに考えると、

この世界は<著しく不連続なもの>によって構成され
危うく成立している、というふうに考えることができます。

なんかそう考えたら、すごく肩が軽くなった気がします。

重力が薄くなったような。。



(この続きは近いうちにまた)


ということで今日も安藤さんレポートいきます!

今回は輸入ビジネスをやる意味について、理念的な
アプローチをしてもらいました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■輸入ビジネス、それは日本経済復興のカギか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。安藤俊介です。

今日はあらためて、なぜ今輸入ビジネスなのか、戦後最高を記録した
円高以外の理由について書きたいと思います。

b0048298_18243488.jpg


今なぜ輸入ビジネスなのかといえば、一番大きな理由は原発問題です。

日本は原発問題を受けて、大きく変わってしまいました。
正確に言うと、日本が変わったのではなく、海外の日本を見る目が
変わってしまいました。

b0048298_18271988.jpg


それまで日本の1年間の被曝限界は1ミリシーベルトでした。
世界も一緒です。

ところが、この原発問題以降、日本では基準が20ミリシーベルトに
引き上げられました。これは皆が声をあげておかしいと言っている
ことです。しかし、基準は引き上げられました。


一方で、中部大学の武田教授によると、欧州では1年の被曝限界を
0.5ミリシーベルトに下げようという動きがあるそうです。


b0048298_1830780.jpg


今、日本はいつの間にか海外よりも20倍汚染された国になって
しまいました。これで欧州が基準を引き下げれば、日本は40倍汚染
された国ということになってしまいます。



ご存知の方も多いとは思いますが、原発問題が発覚して以降、
主要な外資系企業は大阪に本社機能を移転したり、あるいは日本に
見切りをつけて撤退をしていっています。

私は原発問題以前、以後とアメリカに行っています。そこで友人、
知人に「おまえは本当に大丈夫なのか?今すぐ日本を離れろ」と
いった忠告を受けました。


もちろん、私達は大丈夫です、問題はあるけれど、ほぼ普段通りに
は生活ができていますし、ビジネスも普段と変わりません、と
答えています。


私に忠告をしてくれている友人は少なくも日本人を知っているし、
日本を知っています。そんな彼らでさえ、日本はもうダメな国という
意識をどこかで持っています。




日本の姿をこのままにしておいてよいのか?
日本の未来を行かない方が良い国というレッテルをはられたままに
しておいてよいのか、というのが私の大きな問題意識です。



このままでは日本はかつて経済の強かったアジアのどこかにあった国、
原発で誰も住めなくなってしまった国という印象のまま、ひっそりと
忘れ去れていってしまいます。




そうなれば日本の未来はどうなるのでしょうか。

日本は戦後のどん底、文字とおりゼロから世界第2位のGDPの国まで
成長することができました。

だから、日本は世界から認められました。

そして大挙して外資系企業が日本の市場を目当てに富をもって
やってきました。そうした好循環がまわっていました。



今は真逆のことが起きています。
外資系企業は次から次へと日本から撤退していっています。



外国の企業がやってこない国、でていってしまう国とは
どのような国でしょうか。私達の住む日本は北朝鮮やソマリア
のように「あの国はねぇ」になってしまうのでしょうか。



もう一度海外に日本の存在感を示したい。
もう一度外資系企業に日本の市場の重要性、大切さを示したい。
そう心から強く思います。



だからこその輸入です。日本人が海外に存在感を示すこと。
それは海外からモノをどんどん買うことです。日本の購買力の凄さ
を示したいんです。

日本ってやっぱり無視してはいけない市場なんだ、国なんだ
ということを世界に発信したいんです。



私たち個々人ができることはたかが知れているかもしれません。
ただ、輸入ビジネスを通じて、商品を輸入し日本人がいっぱい
買っていくことによって、世界に日本の健全さをアピールする
ことができます。



ぜひあなたの力を貸してください。
みんなで一緒に輸入ビジネスを通じて日本を
復興させていきましょう。



輸入ビジネスを通じて、自分自身の経済的自立、日本経済の復興を
目指しましょう。

b0048298_18355590.png

(映画バブルへGOの感動的なラストシーン、お台場レインボーブリッジがなんと
3本あり、フジテレビの球体が3つある!バブルが崩壊しなかったら東京はこうなって
いた!?  石田 記)

一緒に輸入ビジネスで日本を復興させていきましょう。
あなたのご参加をお待ちしています。

http://jiba.ne.jp/




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【速報】
明日、23日(火曜日)、21時から安藤塾USTREAMライブ
をやります。

b0048298_18392844.jpg


安藤さんがあなたの質問に全部答えます。
司会は僕がやります。
今回ビールは。。無しで行こうかな。。
あるいは安藤さんを酔っ払わせたほうが得策か(汗)

http://bit.ly/pzcHyk

生で観たいという方は5名まで参加OKとします。場所は赤坂のJIMAセミナールームです。

ask★maiei.net まで「安藤塾USTライブ参加希望」という件名で、
メールください(先着順)
by maiei | 2011-08-22 18:40

最新の記事

自宅で火鍋 シンガポール
at 2014-11-27 07:37
ブログ再開のお知らせ
at 2014-11-25 09:00
【遊び】年末年始はこうやって..
at 2012-01-10 18:20
【ガチ読】上場企業の部長より..
at 2011-12-26 23:53
ギリギリで選択した<時間軸>..
at 2011-12-26 20:25
【最重要】 婚前交渉を認める..
at 2011-12-26 18:23
【告白】なぜ<さゆり塾>を始..
at 2011-12-26 17:08
【家族と稼ぎの構造】家族で年..
at 2011-12-26 13:02
【超重要】グーグルが語る、今..
at 2011-12-26 08:09
【新・さゆり塾を薦める5つの..
at 2011-12-26 06:05
さゆり塾→作ったその日に成果..
at 2011-12-25 12:26
クリスマスイブ特典
at 2011-12-24 10:34
【石田式】稼いでいる人の【常..
at 2011-12-21 19:21
男が美容商品の体験レビューを..
at 2011-12-21 15:30
人と人とがリンクする「さゆり塾」
at 2011-12-21 10:55

検索

以前の記事

2014年 11月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

ブログパーツ

カテゴリ

全体
編集後記
相互リンク
英会話・英語学習教材
記憶の襞と振動

メモ帳

東京都港区赤坂在住、カミさんと子供2人の4人家族+チワワ2匹。趣味はゴルフ、ピアノです。車はSとFです。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧