「石田レポート 年収1億!稼ぎの構造」、「毎日1分!英字新聞」、発行人 石田 健によるブログ。アカデミアジャパン株式会社代表取締役。2012年よりシンガポール在住。


by maiei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

オーロラ特集 


(裏)
さて、盛り上がっているオーロラ特集ですが、またメールを頂きました。
もう無断で紹介します。僕にメールをくれる人は無断で紹介されるリスクを
覚悟してくださいね!(笑)

(ここから!)

始めまして、○○と申します。
私もオーロラ見た事あります。
かなりふしぎな物です。
寒いからといって見れるというものでもないみたいです。


私は北欧、スウェーデン・ノルウェーで見たんですが、スウェーデンはかなり
寒かった思うんですが、ノルウェーの時は心なしか暖かめで、もう見れない
なぁと諦めていた時に、友人が「多分今晩見れるよ」って言うんで半信半疑
だったのですが、夕食に出掛けようと歩いてた時に何気なく見上げた空に、
くっきりと緑に瞬くオーロラが見えました。


オーロラは、光のカーテンと喩えられますが、私の感想は、まるで大空を駆け
巡る竜のように見えて、ネバーエンディングストーリーのファルコンとか、
千と千尋のハクを思い出しました。


まるで生き物のように動き回るのです。
それから、これも友人に聞いた話ですが、「オーロラは音がする」そうです。
なんとも表現し難いそうですが、静寂の中で耳を澄まして聞こえる程度の音
みたいです。

それはそれはとても貴重な体験だったと話してくれました。
マッキンリー山を見にアラスカにも行った事がありますが、
7月の終わりだというのに私は雪が降るぐらいの寒さを経験しました。

帰りはアラスカ鉄道にも乗ってアンカレッジに戻りました。
8時間の一人旅でしたが、星野道夫 http://www.michio-hoshino.com/ の
ノーザンライツを読み出したら、あっという間の旅でした。


オーロラは、残念ながら見れませんでしたが。アラスカの雄大さに、
やられたなぁ、と思いました。

みなさんもいつの日か、オーロラに出会って見て下さい。

(ここまで)

そっかー、北欧でもオーロラが見られるんですね!!

>まるで生き物のように動き回るのです。

うんうん、なんとなくですが分かります。


もう一通!

(ここから)

去年、私が住むミシガン州南東部でも去年オーロラ(こちらではAurora
Borealis またはNorthern Lights)が見えたそうですが、私は後で新聞で
知りました。

私は、2年前に、クリスマス直後にデトロイトから9時ごろ出るロンドン
行きいの飛行機でカナダ上空を飛行中に不思議な明かりが遠くに見え、
オーロラだと気が付き、大西洋上空に出るまで、感激していました。

その後、2月始めにデトロイトー成田間の飛行機でアラスカ上空を夜間
通過した際にもしやと思い、外を見ましたら、まさにオーロラが見えて
感激しました。

周りの方々は休んでおられる方が多かったのですが、ブランケットを
頭からすっぽりかぶり、機内の明かりをさえぎって、一人で感激して
いました。

アラスカ上空のオーロラはもっと色がついていて、なんともいえない
美しさでした。また見たいものです。

丁度今ごろ、飛行機に乗る機会があったら、窓から見えるかもしれま
せんね。

素晴らしいサイトを紹介していただきありがとうございました。


(ここまで)

ミシガン州はアメリカとカナダの国境の州ですから、オーロラが
見られるんですね!!

でも飛行機の中で見たオーロラ、うーん、うらやましいです!!
ノースウエスト航空はアラスカ・アンカレッジ経由が多いですから、
米国へ行く方は注意が必要ですね!!


さて、今度はちょっと異色の落ちがあるお話です。

(ここから)
こんにちは。
去年、釧路の地震について、長々とメールさせていただき、
編集後記にも載せて頂いた○○と申します。
オーロラについて盛り上がっているので、私も一言お伝えしたくて
メールしました。
私は5年前に新婚旅行でオーロラツアー(イエローナイフ)に参加しました。
運良く、最高のオーロラに出会うことができましたし、
写真好きの夫はそのオーロラを上手くカメラに収めることもできました。
しかし!帰国後、オーロラがいかに素晴らしかったかを説明しても
全然伝わらないんですよ!
そう、テレビとか映画とかインターネットとか、そういうもので見ることが
できるオーロラなんて、実物には全然かなわないんです!
なので、石田さんも是非是非、見に行ってください。

でも、後悔もするかもしれません。
なぜなら、私たちはオーロラを見てからというもの、
どんなに大きな花火大会も(長岡を含め)、どんなに綺麗な夜景も
イルミネーションも、とにかく人工的な光には全く感動しなくなってしまった
から。


ちなみに、翌年もイエローナイフへオーロラを見に行ったのですが
このときは少ししかオーロラが出ず、大変がっかりしました。
3晩いれば98%の確率で見られるといいますが、
感動的なオーロラに出会える確率はもっともっと低いようです。
運次第ですので、1週間とか10日間滞在したほうが確実かもしれません。

(ここまで)

うーん、長岡花火にも感動しなくなったというのは問題ですね。。
真下で見たことありますか?西側の陸上競技場の前の河川敷です(って、
誰も知らないか!)

でもやっぱり、オーロラ見たいです。。。
by maiei | 2005-01-28 18:49 | 編集後記

最新の記事

自宅で火鍋 シンガポール
at 2014-11-27 07:37
ブログ再開のお知らせ
at 2014-11-25 09:00
【遊び】年末年始はこうやって..
at 2012-01-10 18:20
【ガチ読】上場企業の部長より..
at 2011-12-26 23:53
ギリギリで選択した<時間軸>..
at 2011-12-26 20:25
【最重要】 婚前交渉を認める..
at 2011-12-26 18:23
【告白】なぜ<さゆり塾>を始..
at 2011-12-26 17:08
【家族と稼ぎの構造】家族で年..
at 2011-12-26 13:02
【超重要】グーグルが語る、今..
at 2011-12-26 08:09
【新・さゆり塾を薦める5つの..
at 2011-12-26 06:05
さゆり塾→作ったその日に成果..
at 2011-12-25 12:26
クリスマスイブ特典
at 2011-12-24 10:34
【石田式】稼いでいる人の【常..
at 2011-12-21 19:21
男が美容商品の体験レビューを..
at 2011-12-21 15:30
人と人とがリンクする「さゆり塾」
at 2011-12-21 10:55

検索

以前の記事

2014年 11月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

ブログパーツ

カテゴリ

全体
編集後記
相互リンク
英会話・英語学習教材
記憶の襞と振動

メモ帳

東京都港区赤坂在住、カミさんと子供2人の4人家族+チワワ2匹。趣味はゴルフ、ピアノです。車はSとFです。

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧